グルメ
HOMEカジノニュース

レスター・スクエアの「ヒポドローム」、英国最大のカジノとして復活

ヒポドローム
2012.07.13
ウエストエンド、レスター・スクエアの一角に聳える『ヒポドローム』。112年の歴史の中、全盛期にはチャーリー・チャップリン、ジュディー・ガーランド、そしてスティービー・ワンダーといった超大物セレブたちも頻繁に訪れる、一時は英エンターテイメント界の華だった。その『ヒポドローム』の改装工事が7年をかけて完了。ロンドンでは初の、カジノ&キャバレー総合エンターテインメント施設として、13日、再オープンを果たした。「イブニング・スタンダード」紙が報じた。
メインとなるカジノ=写真(「イブニング・スタンダード」紙より)=はかつてミュージックホールだった建物の中心部分に置かれ、さらにギャンブル専用フロアが2つある。その他館内にはレストランの他にバーが5つ、個室のダイニングルームが4室、そして座席数200のキャバレー・シアターがある。
オーナーはビンゴホールの経営などで富を築いたジミー・トーマス氏とその息子のサイモン氏で、4千万ポンドを、歴史的建造物の「グレードU」に指定されている『ヒポドローム』再建に注いだとされる。サイモン氏は「ギャンブラーの皆さんだけでなく、旅行者の方々にもぜひ立ち寄って欲しい。グラスを傾けながらキャバレーのショーを覗いていかれるだけでも大歓迎」という。
床面積8640平方メートルはカジノとしては英国最大。従業員は450名前後。収容人数は最大2000人。21歳以上の成人であれば誰でも無料で入館できるという。24時間営業。 

【2012年7月14日 ジャーニー】

【米国】ポーカーで史上最高賞金14億円飛び出す アインホーン氏は3位

アントニオ優勝記事

2012.07.06
ポーカーの世界最高峰の大会WSOP(ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー)が4日、決勝が行われ、米著名ヘッジファンドマネージャー、デビッド・アインホーン氏が3位となった。 1位はアントニオ・エスファンディアリ氏で、ポーカー史上最高額の賞金1834万ドルを獲得した。
決勝テーブル8人の中に残ったアインホーン氏。臨むにあたって直前に「きょうは何もつぶやかない」と前置きし、「では、楽しんでくるか」とだけツイートした。
優勝者のアントニオ氏は元マジシャンで驚異的な強さでテーブルを支配し、アインホーン氏らを他のメンバーを圧倒。 1834万6673ドル(約14億6300万円)というポーカー大会史上で最高の賞金額を獲得した。アインホーン氏は粘りで対抗し3位まで順位を上げた。
アインホーン氏の3位はもちろん自己最高で、賞金は435万2000ドルとなった。2006年は18位。その際の賞金は、俳優マイケル・J・フォックスさんの財団を通じて寄付をしたというが、今回もほとんどを何らかの形で寄付することになるだろう。

【ニュース記事:Official World Series of Poker Onlineより】 
ANTONIO ESFANDIARI PULLS OFF AMAZING TRICK BY WINNING ONE DROP

このページのトップへ

マレーシアのリゾート開発企業、バハマにカジノ建設へ

2012.07.05
マレーシアのリゾート開発企業ゲンティングループが2,400万ドルをかけた大型カジノをビミニ(Bimini)の小島にオープンすると発表した。
12月にBimini Bay Resort & Marina in North Bimini islandエリアに929平方メートルのカジノをオープンする予定だ。ゲンティン社は、このプロジェクトに着工した5年以上も前から建設構造の改装を予定している。そして、ビミニ湾岸とロックウェル(Rockewell)島のビーチ不動産を開発したRAVバハマ社がパートナーとなる。
カジノは従来型のものとは異なり、島のランドマークとなるだろうとオベディア氏は話す。
テーブルゲーム、スロット、スポーツベットを含むリゾートワールド・ビミニベイ・カジノ(The Resorts World Bimini Bay)は、300種類の仕事を生み出すと期待されている。

ニュース記事【2012年6月29日 WSLS10】

Bimini Sands Beach Club
Bimini Sands Beach Club (トリップアドバイザー提供)

このページのトップへ

MENU

SIDE MENU