グルメ
HOME高額賞金を当てた時の税金は?

高額賞金が当たったら税金はどうなるの?高額のジャックポットに税金はかかるの?

オンラインカジノやオンラインゲーミングで高額賞金を当てた場合の税金について

誰でもこの事は気になる部分だと思います。ええ、私もそこが気になりましたから。
まだ自分がジャックポットを引き当てたわけでも、ハイリミテッドのバカラやブラックジャックで賞金を得たわけでもないのに(笑)。でも、本当にそこは一番気になりますよね?

宝くじが当選したときの賞金が非課税となっていることはよく知られていると思います。1億円当たったらそのまま1億円を自分のものとして使えます。銀行に預けて翌年に利息がついたら、当然その利息に対して一定の割合の税金が引かれたり、家族や友人にまとまった金額を譲渡した場合にも贈与税が受け取った方にかかります。
オンラインカジノで、例えばジャックポットのような高額賞金が当たってしまった場合は、どうかというと…。調べたので参考にしてくださいね。
カジノ側からの入金の際は、税金を引かれることはなく、全額があなたのアカウントへ入ります。
しかし、税金の申告は個人の責任に任されています。
じゃあ、黙っていればいいと思う方がいるかもしれませんが、それは危険な考えですので下記に書く内容を覚えていてくださいね。

日本の法律では、競馬競輪等の公営ギャンブルによる賞金は一時所得とされます。オンラインカジノで年間50万円以上勝った場合に、一時所得として課税対象になります。以下の式で算出できます。

純所得 = 収入 - 支出 - 特別控除額 (50万円)

↑この純所得を更に半分にした額が課税対象額です。
つまり、例えば1万円を賭けて100万円儲かった場合、収入の100万円から支出の1万円と特別控除額50万円を引いて、49万円が純所得となり、その半分の245,000円が課税の対象になります。

競馬や競輪やパチンコで50万円以上勝っている人は多くいますが、それを申告している人はいないと思います。それは賞金を現金で受け取っているので、税務署としても捕捉しようがないからです。

オンラインカジノの場合は、小切手で換金するにしても銀行で送金を受け取るにしても、かならず受け取った証拠は残ります。
納税の義務が発生する場合は、納税はした方がいいと思います。

また、各金融機関では100万円相当を超える外貨送金や受け取りに関しては、金融当局に報告することになっているので、脱税は考えない方がよいでしょう。(小切手の換金でも、電信送金で受け取っても、外貨現金を預金したりしても、全て対象になり証拠が残ります。)
決済会社で受取額を100万円以内に調整して受け取れば報告自体はされないでしょうが、…やはり各々のモラルの問題と言う事になります。

唯一、税金を払わなくていい方法は…。
タックスへブン(租税回避地)の国へ行って換金すれば日本の高い税金を逃れることはできます。しかし住民票を移す必要がありますので移住することになります。ちなみに日本から一番近いタックスへブンの国は香港です。

 

 

このページのトップへ

SIDE MENU

SIDE MENU