グルメ
HOMEカジノニュース

世界2位のカジノ大国へ シンガポール ラスベガス超え予想

2012.07.23
シンガポールが米ラスベガスを抜いて世界2位のカジノ大国になりそうだ。昨年の年間カジノ売り上げは、シンガポールが57億米ドル(約4530億円)でラスベガスの61億米ドルにわずかに届かなかった。
専門家は今年、シンガポールが65億米ドル、ラスベガスが60億米ドルとなって順位が逆転すると予想している。現地紙チャンネル・ニュース・アジアなどが報じた。トップはマカオだった。

シンガポールのカジノ売り上げはマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)とリゾート・ワールド・セントーサの2カ所のカジノ付き総合リゾートからなり、中国をはじめとするアジアの新興国などから富裕層が訪れて活況が続いている。MBSの今年1〜3月期の売り上げは前年同期比45%増の8億4870万米ドル、うちカジノ部門は同51%増の7億130万米ドルだった。

欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスはシンガポールのカジノ市場について、2カ所に限定することで規制が行き届いているほか、長期ライセンス制度が功を奏していると指摘。安定的な成長が期待できると分析している。

【2012年7月23日 2012.7.23 08:51 産経ニュース】

アジア最大のポーカーイベント「APT アジアポーカーツアー」が今年も開幕

APT アジアポーカーツアー

2012.07.25
アジア最大のポーカーイベント、「APT アジアポーカーツアー」が今年も開幕します。今年の開催場所はマカオ。7/25〜7/31の一週間の間に世界中のポーカー好きが集まって競います。
メインイベントの参加費はHKD250,000(約25万円)。 

アジアンポーカーツアー(Asian Poker Tour)
http://www.theasianpokertour.com/


ハウステンボス子会社、上海航路でカジノ営業

2012.07.27
ハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市)の子会社、HTBクルーズ(同、小野秀一社長)が運航する長崎―上海航路でカジノの営業を始めたことが26日、分かった。カジノを禁じている国内法が適用されない公海上に限って営業する。利用が低迷するクルーズ船事業のテコ入れを狙う。

 大規模改修を終え、25日に運航を再開した国際貨客船「オーシャンローズ」でカジノ営業を開始。船内の遊戯施設の一角に、300平方メートルのカジノコーナーを設置。スロットマシンなど複数のゲームがあるという。日本、中国以外の第三国のカジノ事業者が営業する。HTBクルーズは賃料収入のみで、カジノの収益は得られない。

 同航路は片道1日以上かかるため、長い船旅を飽きさせない「しかけ作り」が課題になっていた。娯楽機能の強化により、利用客の拡大につなげる考えだ。

 カジノは日本では禁じられているが、国内法が及ばない公海上では営業できる。同船はパナマ船籍で、HTBクルーズが設立したパナマ現地法人が所有。公海上ではパナマの法律が適用され、カジノ営業が可能という。日本の領海を航行中はカジノコーナーを閉鎖する。

【日本経済新聞 2012/7/27 6:09】 

任天堂ドラクエ10で課金制 ゲーム業界の止まらぬ“拝金主義”

2012.08.02
ファミコン時代から固定ファンも多いロールプレイングゲーム(RPG)の代表格、『ドラゴンクエストX(10)目覚めし五つの種族 オンライン』(スクウェア・エニックス)がいよいよ8月2日に発売される。
タイトルを見てお気づきだろうが、今作品はソフト代の6980円を支払い、対応ゲーム機の任天堂『Wii』に挿入するだけでは1日数時間しか遊べない。続きを堪能するにはインターネットの接続環境を整えたうえで、月額1000円の利用料が必要になる。つまり、他人と交流しながら遊ぶオンラインゲームの要素が強くなったのだ。
 任天堂はユーザーの利用料も嵩むオンライン路線になぜ変更したのか。
「これまで任天堂は、グリーやDeNAが携帯向けソーシャルゲームで射幸心を煽る『アイテム課金』をして問題になった、いわゆる“コンプガチャ”のような課金ビジネスには否定的でした。岩田聡社長も『一時的に収益が得られても、お客様との関係は長続きしない』と話していましたしね。
でも、携帯ゲームの爆発的な普及に押され、据え置き型の家庭用ゲーム機は不振の一途。それが1981年以来の赤字転落という決算で露呈し、もはや課金による収益を考えざるを得ない状況になったのです」(国内証券アナリスト)
ドラクエとともにRPGの盛隆を極めた『FF(ファイナルファンタジー)』シリーズの一部の作品も、既に定額課金のオンラインゲームとして認知されてはいるが、「オンライン会員数はピークの50万人から、いまは30万人程度に落ち込んでいる」(前出のアナリスト)と、決して成功しているとはいえない状況だ。
 大手ソフトメーカーの社員は、こう推察する。
「巨大プラットフォームの任天堂が課金ビジネスに積極的に進出することによって、今後、ゲーム業界全体の“拝金主義”は止まらなくなる。もちろん、任天堂は高額アイテムを買わなければ次のステージに進めないような無茶な課金システムは採らないでしょう。あくまでメインターゲットの子供の懐をキズつけないよう、十分な対策をとるはずですが」
その言葉通り、ドラクエの新作には子供が無料で遊べる「キッズタイム」が設けられている。しかし、ゲーム業界全体の闇は深い――と、前出のアナリストは手厳しい。
「コンプガチャが怖いと思っている消費者は、グリーやDeNAだけでなく、携帯ゲームを提供しているコナミやバンダイナムコ、スクウェア・エニックスも含まれるソフトメーカー全般を怖いと思っている。ひいては、そうしたメーカーのゲームを提供している任天堂やソニーのオンラインゲームそのものに警戒感を持っているのです。
今後、ゲーム業界は課金ビジネスの基準を設けるだけでなく、ゲームの質とそれにともなう“適正価格”をいまいちど見直す必要があるでしょうね」

(newsポストセブン 2012.08.02 07:00) 

ホリエモン パチンコにソープ…“グレー”が多い日本に喝

2012.08.02

メルマガNEWSポストセブン
 ビートたけし、櫻井よしこ、勝谷誠彦など錚々たる論客が寄稿する『メルマガNEWSポストセブン』では、現在服役中のホリエモンこと堀江貴文氏の連載も収録。担当編集S氏が明かす獄中近況記は、堀江氏の意外な一面がわかると評判だ。7月27日配信の25号から、その一部を紹介しよう。
 * * *
 こんにちは。『堀江貴文のブログでは言えない話』担当の編集Sです。長野刑務所での堀江の近況をお伝えしますね。
 ついに夏本番。今年は電力供給不足が懸念されるので、いたるところで節電が叫ばれていますが、それは堀江がいる長野刑務所でも同じ。この猛暑日の中、昨夏と比べて15%の節電目標なのだそう。管轄の中部電力の目標は4%ですから、この数字は小さくはないですよね。堀江も「官ってこういう取り組みに過剰の反応するよねー」と苦笑いであります。
 さて、今週は堀江がこのニュースに関心を持ってコメントしています。
【パチンコ大手ダイナム、香港市場に上場へ】
 日本の株式市場へは、刑法の賭博罪に当たる恐れがあるため、上場ができなかったパチンコ大手のダイナムさんが、海外の市場に上場し、100億円超を公募するというニュース。実は、このダイナムさんは東日本を地盤とし、堀江が在籍していたライブドア時代の顧客でもあったそうです。
 日本ではいたるところでパチンコ店が営業され多くの人が楽しんでいるのに、日本の市場には上場できないという矛盾…。パチンコの三店方式(特殊景品を介在させ、出玉を金銭と交換することが事実上可能な営業形態)のようなものは、よく“グレー”なんて表現されますが、堀江は、このグレーについて、こう言っておりました。
「日本政府はソープランドといい、憲法9条と矛盾する自衛隊といい、グレーが大好きだよね。グレーのよくない点は合法・非合法両方のマフィアを増長させちゃうところ。『合法マフィア=警察・検察(及びそのOBたち)』、『非合法マフィア=ヤクザ』ね。カジノ立法の際、パチンコも合法化しちゃえばいいのに」
 カジノ立法の話はよく聞きますが、果たして日本でカジノとパチンコが合法化される日は来るのでしょうか。

(newsポストセブン 2012.08.02 07:00)

このページのトップへ

MENU

SIDE MENU